ショッピングカートを見る
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

rss atom

お知らせ

松田義雄先生最新刊『Day by Day-掘.瓮垢魄る医師が手術を受ける』刊行を開始します。
おすすめ商品

1,620円(税120円)




売れ筋商品

1,620円(税120円)



書店様へ=小社の取次店は「地方・小出版流通センター」です。センターがつながりにくい場合等は、直接小社(03-6659-8852)へ御連絡ください。

荒井裕樹著『隔離の文学』が、朝日新聞2019年5月15日岡山版で紹介されました。(2019年5月20日)

杉浦邦彦著『伊勢いいとこね』出版の経緯を取材していただき、2019年5月10日(金)毎日新聞中部本社版に載りました。

杉浦邦彦著『伊勢いいとこね』が朝日新聞サンヤツに載りました。(2019年4月22,23日)

伊勢神宮<鎮守の森>の保護と育成に半生をかけ、飛来する野鳥や自然環境の変遷を観察し続けた杉浦邦彦氏。その遺稿を総力編集した『伊勢いいとこね』を刊行します。(2019年3月27日)

森村稔歌集『寝しなの歌』、エッセイ『こりゃあ閑話』の重版がともに仕上がりました。朝日新聞サンヤツにて告知しております。(2019.3.9)
『熊野概論』が【朝日新聞サンヤツ】に掲載されました(2019.1.29)
森村稔さん初歌集『寝しなの歌』が好評につき重版しました(2018.12.18)

森村稔さん初の歌集を発売いたします。(2018/7/10)
塩田勉著『<語学教師>の物語――日本言語教育小史 第二巻』完成しました。(2018/4/20)

お待たせしました、『昭和・平成を詠んで』の重版が仕上がりました。(2017/11/17)

丹念な聴き取りと緻密な考察で定評ある評論家・栗林浩さんの新刊『昭和・平成を詠んで――伝えたい俳人の時代と作品』が好評発売中です。(2017/9/7)

荒井裕樹著『隔離の文学―ハンセン病療養所の自己表現史』重版出来!!
この機会にぜひ御高覧ください。(2017/6/30)

宇江田一也さん初の小説『プリオン――認知症感染の刻(とき)』が発売中です。(2016/11/25)

第19回俳句甲子園公式作品集、発売中です!(2015/11/1)

『加藤郁乎作品撰集』全三巻が東京新聞のコラム「大波小波」でとりあげられました!(2016/7/29)


今夏も大きな感動を生んだ俳句甲子園公式作品集、好評発売中です。(2015/11/1)

加藤郁乎著作撰集(全三巻)の刊行を開始しました。送料当社負担でお届けします(2015.5.31)。

ことしの「俳句甲子園」のすべてがわかる、「第17回俳句甲子園公式作品集」、発送開始しています(2014.11.3)。

フランス在住の翻訳家、チサ・イヅキ・ジャンさん初の小説を刊行しました(2014.6.30)。

石田省三郎弁護士による『「東電女性社員殺害事件」弁護留書』の重版(3刷)が仕上がりました。当サイトから送料無料でお買い求めいただけます。(2014/4/30)

『熊野、魂の系譜』が読売新聞2014.3.16で紹介されました。

平成26年2月27日(木)〜6月3日(火)まで、岐阜県高山市の光ミュージアムにおいて、「豪放磊落な俳人 加藤郁乎展」が開催されます。

北海道の俳句集団【itak】代表で、句集『無量』の五十嵐秀彦さんが、平成25年度北海道文化奨励賞を受賞しました。

加藤郁乎句集『了見』が、「朝日新聞」「読売新聞夕刊」ともに2013年7月29日(月)に紹介されました。

松坂慶子さんの朗読劇原作本『額田王と吉野』(上野誠先生著:小社刊)が、『徹子の部屋』2013年7月16日OAで紹介されました。

森村稔エッセイ集『どこ行っきょん』が「週刊新潮」2013年6月27日号で紹介されました。

『「東電女性社員殺害事件」弁護留書』の書評が「週刊読書人」2013年6月14日号に掲載されています。

『「東電女性社員殺害事件」弁護留書』が、日本図書館協会選定図書に選定されました。

上野誠先生の「神話伝承論ノート」は、スクーリングの専用テキストですが、受講生以外の方も、当画面からご購入いただけます。